毎年初詣は、お正月の2日に出かけますが、今年はなぜか?4日になって

しまいました。別に理由はないんですが、今年はゆっくりとと言う感じ

だったのかも??

しかも?神戸とか京都とか別にどこでも行っていましたが、暫く京都へ

行っていなかったので、思いつきで京都へ行きました。

久し振りでした。


今回はJRで京都まで行き、バスに乗ろうかと思ったけれど、バス待ちの人が

ごった返していたので、歩きで行きました。

今年の初詣は「八坂神社」にしようと思っていたので、歩きかけた所で、

途中にとっても良い所があるのを思い出し、まず!そこへ行くことになりました。

以前にいつか行ったことがある場所、京町家の調査の時に、一度行ったことが

ありました。


歩き出してすぐでした。「名勝 渉成」園です。寒かったけれど、でも入園者は

案外?いましたよ。行ったその日はとっても寒く、雪がかなり舞っていましたね。

それ程寒かったんですよ。でも、庭園がとってもきれいだったので、暮れからお正

月ととっても!忙しかったので、ホッとしてゆっくり見ることが出来ました。


初詣に行く前にこんなところでゆっくりすると、いけなかったかしら?と反省でした。

ここ渉成園は別名を「枳穀邸(きこくてい)」とも呼ばれているそうです。

この渉成園の周囲に枳殻(からたち)を生垣として植えたことから枳殻邸とも称される

ようになったとか。


そして、渉成園とは?ここは真宗本廟(東本願寺)の別邸だとか。1602年教如上人

が徳川家康から寺地を寄進され、東本願寺が成立したようで。

その後、十三代宣如上人が三代将軍徳川家光から東本願寺の東側の土地を寄進

されました。宣如上人は、1653年に退隠して、自らの隠居所をそこに定め、

中国の詩人の一説に「園日渉而以成趣(園、日に渉って以って趣を成す)」から

採って「渉成園」と名づけた
ようだと、説明書には書かれていました。


このようなことで、とっても感じの良い庭園でしたね。夫さんはとても気に

入ったようでした。

ここには、十三景と諸建築、渉成園の名物・景物が9つとありますが、私が

撮ってきた写真だけをお見せいたしましょう。

渉成園入口

DSCN0653渉成園入口

正面玄関

DSCN0655正面

入った所の桜の木です。春には良いでしょうね。

DSCN0633入口のさくら

滴翠軒  十三景の一

DSCN0635滴翠邸13-1


侵雪橋を遠くから見ました。十三景の六

DSCN0636侵雪橋13-6

すぐ側での侵雪橋。

DSCN0641侵雪橋の上

回棹廊。十三景の十二

DSCN0638回卓廊13-12

回棹廊から見た紫藤岸。十三景の八

DSCN0639紫藤岸13-8

印月池。十三景の三

DSCN0637印月池13-3


この後、散歩をしながら四条河原町まで出て、昼食をとって、八坂神社へお参

りしました。そして、その後やはり歩いて、平安神宮まで行きお参りし、その後

折角近くまで行ったのだからといって、すぐ側にあるお店に行きました。

そのあるお店は又今度と言うことで!!



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2012.01.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/842-09831bef