今日で阪神淡路大震災が起きて、丸16年。

あの日の事は思い出しても怖いです。^^;;

朝方だったので、いつもだとぐっすり眠っているところなのに、

あの日に限って、地震がおきる何分か前に目が覚めた。

夫も目が覚めたらしく、2人で何か変ね?と言いながら暫くじっとしていると、

横揺れが来て、それが済むと今度は大きな縦揺れが来ました。

その時はもう怖くて、横揺れの時に私は思わず!立ち上がってしまいました。

そして縦揺れ。横にあった整理ダンスの上のガラス飾りの棚が、私の頭を目がけて

飛んできました。痛いし怖いしで座り込んでしまいました。

この間がとっても長い時間に思えました。早く止まって!!早く!!!とそればかり

思っていました。止まった時には何が何だか全く分らず、布団の上に座り込んでいました。

揺れている間、台所の方で大きな音を出して、ガチャンガチャンと食器の割れる音が

していましたが、私もそれどころではありませんでした。

揺れが止まった後、夫と何があったんだろうね。怖かったねと言いながら、電気をつけ

ようとしても点かず、真っ暗な中でどうしようもありませんでした。

3階で寝ている息子達に声をかけると、元気な声が返ってきたので、安心してその後、

1階で寝ているお姑さんを見に行きました。お姑さんは耳が聞こえないので、もし何か

あったらと思いながら、声をかけると返事が返ってきましたが、寝ている頭の上と

足許にタンスが転がっていました。もうビックリ!!でした。少しでも位置が変わっていたら

頭や足を直撃でした。運が良かったんですね。胸をなでおろしました。

2階の私たちの部屋に戻ると、布団の上に落ちていたガラス棚のガラスを取ってくれていたので、

ホッとして座り込んでいました。


外は真っ暗!部屋の中も真っ暗!!とに角服を着替えて、暫くしたら夫が仕事場へ行って来ると

言うではないか!!夫は地元の役所に勤めていたので、仕方のないことだったのでしょう。

送り出しました。やっと外が明るくなってきたので、見てみると、前日の夕方見ていたご近所とは

全く違った景色になっていました。一変していたのです。

外が明るくなってくると、近所でキャーッ!とか、イヤー!!とかいろんな言葉がもれ聞こえて

きました。自動車の上に屋根が落ちて、クラクションが鳴りっ放しの車もありました。

今もはっきりと覚えています。


台所は、前日の息子の成人式に作った「おこわ」とすき焼きが引っくり返り、床は汚れ放題でした。

そんな光景がいまもはっきりと思い出されます。

家を出て仕事場に行った夫はそれから一週間音沙汰無しで、帰って来ませんでした。

私はお姑さんを抱えて、息子達と夫の帰りを待ちました。



今思い出しても怖いですね。今日はそのメモリアルデーです。

亡くなった方の冥福をお祈りしたいです。

そして、この日の事をいつまでも忘れられないようにと願います。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2011.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/601-46d530f6