昨日は月に1度の「着物着付け教室」の日でした。

朝10時30分~12時30分までが朝の部で、午後1時30分~

3時30分までが午後の部です。途中お昼を取ってから又始めます。

お昼を食べているときに、次の生徒さんがやって来る事もあります。

お昼からの人は、もう何年ものお付き合いなので、よく判っているので、

何処かへ用事に出かけたり、荷物を置いて何処かへ消えて行ったりと

みんなよくわかってくれています。


先月から新しい人が2人入ってきたので、担当は私になり2対1で頑張って

います。全く何も知らないので一からお願いしますと言う事なので、

最初の足袋の穿き方から教えていきます。2人は一生懸命私の話を聞いて

それを忠実に守ろうと必死になっています。目がとても真剣で一言も

聞き漏らさないようにしようと言う気持ちがひしひしと伝わってきます。

そうなるとこちらもいっぱい話しをして、吸収してもらいたいと言う気持ちになり

いろんな事を話します。2人は初めて聞くことばかりなので、新鮮なんでしょう。

「なかなか覚えられなくて」と嘆いていますが、「来て一つでも何かを覚えてくれたら

それでいいよ」と言っています。


1つ1つが積み重なって大きくなるので、全てを一度に覚えるのは無理だと言う事を

言っています。昨日も最初から前回と同じ事を言いだすと、そういえば言われてたわねと

思い出してくれていました。最初はそれでいいんだと思います。

ずっとそれが続くと困りますが、気長くやっていけたらと思います。

何も判らずに来てくれているので、助かります。少々判っていますと言われる方がいますが、

これが一番困るんですよね。注意をしても私はこれでやってきましたとか、そういわれても

私は・・・・なんてね。


昨日はとっても疲れましたが、心地よい疲れだったんでしょう。気分が良かったですからね。

来月は又どのようなことが待っているかしら??



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2010.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/562-24e55754