先日、東京気まま旅 1に出かけたときに使った「青春18切符」がまだ
1回分残っていたので、9月10日までに使わないといけないので、私一人
で出かけてきました。

IMGチケット18

どこへいこうかとかなり迷い、いろいろ調べた結果!決めたのが、滋賀県
米原市にある「醒ヶ井 梅花藻」へ行こうと思いました。こちらは以前一度
行った事がありますが、又行きたいと思っていたので、思い切って出かけ
ました。

こちらは米原まで新快速で出かけ、そこからは東海道線に乗り換えて、
一つ目の駅です。朝8時4?分の電車で行き、一度乗り換えて醒ヶ井に
ついたのが10時30分過ぎでした。

DSCN0554JR駅前

DSCN0553醒ヶ井の里へ

駅前には昼食の食べられる食堂や喫茶店などがあり、そして、名水百選に選ば
れている清水から引いているお水が有ったりします。早々あまりの暑さで、この
前にはシャワーミストが軒から降っていました。涼しかったな~

居醒の清水から引いてきた水です
DSCN0556駅前清水

DSCN0557清水の説明

ミストシャワーが流れてきてます
DSCN0558ミストシャワー

DSCN0559伝説版

 ※注【日本武尊(やまとたけるのみこと、『古事記』では倭建命と表記)こと
    小碓命(おうすのみこと)】

駅前から梅花藻があるところまでは、歩いて5分ほどの所にあり、その途中
地蔵盆で提灯がつられているのが、なんとも地域性が感じられました。

DSCN0560行く途中の道

まず!地蔵川にかかっている橋を渡ると、町別にそれぞれが作成している「テーマ」
があって、そこかしこに童話の話の紙人形などが飾られています。

DSCN0564醒ヶ井の宿標

前回は無かったものです。結構面白かったですね
町別ドラマ

そこからは地蔵川に沿って綺麗な水が流れていて、その水の中から梅花藻が見られ
ました。

DSCN0567地蔵側の標


川には昔よく見かけたラムネを冷やして居ました。

DSCN0563川に冷やしたラムネ


もうそろそろ終わり頃なので、藻があまりきれいに咲いていなく、少し
残念でしたが、でも、まだ少しは残っていました。

ここからはあまり書かずに、画像だけで楽しんでいただければと思います。
とっくりと!ご覧下さい。念の為醒ヶ井 梅花藻の事も合わせてご覧下さいね。

サルスベリの花びらが落ちていて、コントラストが綺麗!!

DSCN0573梅花藻サルすべりも1

川の上には綺麗な色のサルスベリが咲き誇っていました。

DSCN0578皮の上のサルスベリ

民家も昔懐かしい風景がありました。

DSCN0582民家1

DSCN0585民家2


DSCN0589梅花藻2

DSCN0590中山道の標

梅花藻の花です。中山道を流れる地蔵川の梅花藻はキンポウゲ科の
水生多年草で、清流でしか育ちません。

DSCN0593梅花藻3

DSCN0628梅花藻4

醒ヶ井とは縁が深い「日本武尊(やまとたけるのみこと」の像です。

DSCN0616日本武尊像

居醒の水の由来がよく判るように、大きな画像にしました。

DSCN0617居醒の水由来

DSCN0620百選のっ標

DSCN0621名水の水

川の中にこんな物が廻っていました。良いですね~



出かけた日もとっても!!暑くて、歩いていると汗がもう頭から、額から、腕からと
あふれ出してきます。帽子を被っていると、いやになるくらい汗が纏わりついてきます。

1時間ほどいたでしょうか。見るところもあまり多くは無くて、一通り見ていくともう
終わりになったので、また元来た道を戻ります。

丁度、お昼頃になったので、駅前の食堂には前にも一度入った事があるので、又入り
昼食にしました。こちらは1380円で料理はバイキングとなっていて、好きなものを
食べて、お腹いっぱいになってしまいましたね。

その後、そのまま電車に乗って京都まで行き、そこから又山陰本線に乗って、嵐山まで
出かけました。この暑いのに良くやるわ~と自分でも思いましたが、折角来たんですから
遊ばないと勿体無いですよね。

嵐山でのことは又明日にでもね。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
ブログ村に登録していますので、
ポチッとお願いします。
2010.08.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/501-31450884