10時間もかけてやっと!目的地新宿に辿り着いたのが、午後5時30分。
早速荷物をほどき、体を休めてから息子との待ち合わせ場所に出かけるにも
早いので、ホテルを出て近くを散歩するため外に出ました。

新宿と言うだけあって、とても賑やかな所でしたね。これが夜ともなるとネオ
ンがキラキラと華やぐんでしょうね。いつ見ても疲れやすいところです。

少し早いけれど、待ち合わせ場所山手線「高田馬場」早稲田口改札にと急ぎました。
少し待つと息子は現れて彼がいつもよく行くお店、焼肉屋さんへ連れて行って
くれました。

お店はあまり綺麗ではありませんが、お客さんはいっぱいで、若い人ばかり!
お値段がとっても安くて、お肉が柔らかいし、タレがおいしかったですね。

息子もよく友達と来るところだと言うのが、よく判りました。お安いと言うのが
いいですね。2時間ほどいて、新宿まで電車で帰り、後はそこから歩きでホテル
まで帰りました。

食後の運動です。かの有名な「新宿歌舞伎町」横を通り、ホテルまで一直線。
部屋に入り1時間ほど又お喋りをし、息子は帰って行きました。

さて!!翌日です。最初の予定通り「柴又」へ行く予定であったので、そのとおり
でかけました。

ホテル前のsakuraちゃんです
DSCN0270sakuraちゃん

新宿から山手線で「日暮里」まで行き、そこから京成電車で「高砂」まで行き、
そこから京成金町行きで、「柴又」まで電車をのります。

遠いのかと思っていたら案外近くで、1時間もしないうちに到着です。

DSCN0276柴又駅

駅前はスッキリしていて、綺麗でしたね。

大正元年に開業された和風瓦葺の駅舎前には、地域住民の方が建てたと言う
「男はつらいよ」の寅さん像が私たちを出迎えてくれました。

DSCN0274寅さん1

DSCN0279寅さん2

早速記念写真です。駅前には地域住民の方が無料でのボランティア活動をしておられ
ました。私たちにも声を掛けてくれましたが、私たちは断りそのまま出かけました。
この日はとっても暑くて、気分が悪くなるくらいの日でした。

改札口を出てそのまま進行方向に歩いていくと、柴又帝釈天への参道となっています。
両側には有名なお団子のお店屋さんとか、甘味処が所狭しと並んでいました。
とってもよい匂いがしてきて、食べたいな~と思うくらいです。

参道も結構風情がありましたね。
DSCN0281参道1

DSCN0284参道2

DSCN0285参道3


そのままどんどん行くとお寺に行き着き、


DSCN0290亭釈天字

DSCN0289亭釈天入口

本堂も立派でしたね。

DSCN0291本堂

お賽銭を上げた後お寺の横には「彫刻ギャラリー」と言って、内陣の外側を飾る精巧な木彫を
見学できる廊下がありました。ご覧下さい。

DSCN0293ギャラリー1


DSCN0294ギャラリー2

DSCN0295ギャラリー3

DSCN0296ギャラリー4

DSCN0298ギャラリー5

DSCN0300ギャラリー6


10枚の木彫の製作年数は大正11年~昭和9年までかかったそうですよ。こちらへ行かれる
事があったら、見られる事をお薦めします。その後、続きにあった「邃渓園(すいけいえん)」
と言う池泉回遊式庭園のお庭がありました。

邃渓園

DSCN0312回廊

ここを出ると「葛飾柴又寅さん記念館」へ出かけました。そとはやはり!!暑い!!

この後は又次としましょう。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
ブログ村に登録していますので、
ポチッとお願いします。
2010.08.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/490-b8616fda