今朝の新聞を見ていたら、「朝食抜く、やせ妊婦」と言う見出しの記事が
出ていました。

記事には””妊婦全員の食事を分析すると、接種エネルギーの平均は妊婦
の必要量の6~8割にとどまり、魚や野菜の摂取量も少なかった””と書か
れています。

【やせ妊婦で妊娠中の体重が増えないと、赤ちゃんは小さくなってしまう。
 日本の平均出生体重は1975年をピークに減り続け、低出生体重児
 (2500g未満)が増加、赤ちゃんの約10人に1人を占める。

 そして妊娠中の胎児の栄養不足は、成人後に高血圧や糖尿病などの生活
 習慣病を引き起こすとされる。

 低出生体重児は12歳の時点で、動脈硬化の危険性を示す指数や中性脂肪
 の数値が、正常体重の子より悪い傾向にあった。

 更に心配なのは、胎児期に低栄養にさらされた体の変化は、本人だけではなく
 孫の世代にまで影響を及ぼすと言われている。】

まとめるとこのようの事が書かれていました。

【早稲田大の教授(産婦人科学)は「母親個人の問題にしてはいけない。
 <やせ=美徳>という風潮を社会全体が改め、国は女性の食の重要性に関する
 調査や教育に力を入れるべきだ」と訴えている】

と結んでいました。若い頃からダイエットばかりしていると、この様な考えを起こす
のも当たり前と言う事なのかな?お腹の赤ちゃんの事は考えないで、自分の事ばかり。

もっと自覚を持ってもらいたいですね。でも、これもやはり社会全体が考えを改め
もっと食に関しての知識を知ってもらわないとね。ダイエットだけが美徳ではない
んだけどな~~~


IMG痩せ妊婦


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
ブログ村に登録していますので、
ポチッとお願いします。
2010.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/463-c4451969