万葉まほろば線 に間違って乗ってしまい、1時間もかけてやっと!奈良まで
辿り着きました。時間は午後5時30分少し前でした。駅を出ると大雨でかたずけ
ていた傘を叉叉取り出して、もう!大慌てでしたよ。(>_<)

駅前に客待ちしていたタクシーがあったので、それに飛び乗り急いでホテルまで。
とうとう私達が泊まりたかったホテル、「奈良ホテル」へと行きます。

平城遷都1300年祭が始まるのでホテルは取れないだろうと心配していましたが、
うまく取れました。ホテルを予約する係り?は、メダカさんだったので奈良へ行く
事が決まった時点ですぐにホテルを予約してくれました。案外うまく取れたのでみん
な大喜びでした。

皇族の方が奈良へ来た時は必ず!宿泊しているホテル。何度かは前までホテルを見に
来たことはあるんですが、泊まる事は出来ません。私が泊まる様なところではないと
思っていましたからね。^^;;

でも、皆とならば泊まれるかな?と大胆にも思ってしまい強行です。憧れの奈良ホテル
にとうとう到着しました。タクシーで玄関前に横滑りでした。車のドアーが開くと中か
ら係りの人が飛んできてくれて、荷物を持ってくれました。(こんな事が夢でした。
うれしいっ!)

玄関はとっても古めかしい、重厚な感じでしかも!木造なんですよね。つい少し前にも
皇太子さんが奈良に来ていましたよね。同じ玄関から入れるなんてちょっと不思議な感
じでした。

チェックインしたのが、5時40分位だったと思います。夕食を6時にとお願いしたので、
時間が無く、部屋に荷物を置いてからすぐにレストランへ行きます。廊下を歩くと古い建
物だから、木のきしむ音がギシギシして、「鴬張りだね」と冗談が出て歩いていました。

レストランも太い柱があったりして、ふだんの私達のように大きな声でお喋りなどしている
人はいなくて静かです。大きな声を出さないようにと心がけながらの食事でした。

今回ばかりは食事時に「ワイン」を頼み、ゆっくりした時間が持てました。
食後時間が早かったので、そのままならまちへ出かけて見ましたが、時間が時間であった
ので、お店はもう閉まっていて、街中を歩いただけでした。

部屋に帰ってからは4人でおしゃべりの時間でした。12時過ぎまでお喋りしていたかな??
私が寝たのは午前1時過ぎだったかしら?こうして慌しい1日が過ぎていきました。

思い起こせば1日の内でいろんな事があったような、まるで遠い出来事のような感じです。
やっと、静かな眠りの時間となりました。あすはどうなることやら???

その時の写真は左下の”続きを読む”の方に写真ばかりを出しています。
そちらをクリックして下さいね。
到着が暗かったので、写真は翌日の朝に撮りました。ステキですね~

DSCN9578ホテル入口

玄関から向って右側です。

DSCN9576入口右

こちらは左側です。

DSCN9574入口左

玄関を入ると真正面にこの階段が目に入って来ます。

DSCN9534ホテル階段

部屋へ案内してもらった時の廊下です。

DSCN9535ホテル廊下

私達の部屋は2階なので、上って後ろを振り向いた時の階段です。

DSCN9536部屋までの階段

さ~あ!食事です。レストラン入口です。

DSCN9561レストラン入口

席に案内されました。

DSCN9537テーブル

座って私から見た左側の風景です。

DSCN9540レストラン内

まずはワインをオーダーしました。

DSCN9542ワイン

料理がこれからどんどん運ばれてきます。いろいろと説明をしてくれますが、
覚え切れなかったのでそのまま見て下さい。

DSCN9543料理1

2番目にきました。これはスープですが、なんのスープだったのか??

DSCN9545料理2

DSCN9547料理3

お口直しと言って出てきました。アイスクリームでしたね。

DSCN9548料理4

メインのお肉料理です。

DSCN9550メイン

このライスは私が注文した物です。みんなはパンを頼んでいましたよ。

DSCN9552ライス

このデザート見た目が綺麗でしょ?でも少しね~??!

DSCN9554デザート

コーヒーは美味しかったですね。

DSCN9557コーヒー

食後レストランを出て、ホテル内を歩いていてライトが目に付きました。

DSCN9563階段上のライト

翌日の朝食のメニューです。「茶粥定食」をお願いしました。下段の左側が茶粥、
横がお味噌汁。上段の左側がうずらの卵の温泉卵、その横が野菜の煮物、その横が
ひじきの煮物。中段が香の物と鮭の焼き物。

DSCN9568朝食


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
ブログ村に登録していますので、
ポチッとお願いします。
2010.05.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/417-c6086083