先日アップした 「念願かなって・・・」 の最後に出ていた、”哲学の道” を
今回はアップしましょう。哲学の道とは、

【哲学の道(てつがくのみち)は京都市左京区にある小道である。南禅寺付近
 から慈照寺(銀閣寺)まで、琵琶湖疏水の両岸に植えられた桜はみごとで、
 春や紅葉の秋は多くの観光客でにぎわう。

 哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら思索にふけったことからこの名が
 ついたと言われる。「思索の小径」と呼ばれていたものが、いつしか「哲学の
 道」と呼ばれるようになったとされており、1972年に正式な名称となった。
 日本の道100選にも選ばれている散歩道である。】
(ウィキペディアより抜粋)

先日でかけた「茂庵」から歩いて、15分ほどの距離にあったので丁度良い季節
でもあり、寄り道してきました。行った日が平日だったので人出はあまりないだろうと
思っていましたが、なんの何の!かなりの人出でした。(^_^;)

この日はお天気もよくて、暑いくらいの日でしたからみんなも陽気に誘われて来て
いたんでしょう。ここは桜も見事なので、その桜を見に来ていたのかも??

まだ早いかしら?と思っていましたが、早く咲く桜は何本かはありましたよ。写真を
撮ってきました。疎水の両側にはお店も開いていて、あっちへ入ったり、こちらを覘い
たりと結構野次馬根性で見ながら歩いていました。

楽しい散歩でした。そのまま南禅寺まで歩き、そして又平安神宮あたりまで歩き、その後
京都の繁華街、河原町四条まで歩いて、この時は吉田山頂上からず~っと!!歩きでした。

さすがの私も本当に疲れましたが、しばらく歩いていなかったので、丁度良い位でした。
京都は1月終わりに出かけた京町家調査に行ったきりだったので、久し振り?だったので
楽しく歩けました。又機会を見つけて出かけてみようかな??!


京都では夏の行事の中で「大文字送り火」と言うのがありますが、その時に焼く大の字の
一つがこの写真の山の字です。

DSCN9821大文字山

哲学の道沿いに出ているお店です。

DSCN9822出店1

こんなお店も。

DSCN9824出店2

中にはこんなお店も。レストラン兼喫茶店なども。

DSCN9827出店3

琵琶湖から南禅寺を流れてきて、まだ流れていく疎水。桜が満開の頃は
この疎水の両側から桜が我先に咲き誇っています。とっても綺麗ですよ。

DSCN9826疎水

早咲きの桜が綺麗でしたよ。しばし眺めていてね。

DSCN9830桜1

DSCN9831桜2

DSCN9834桜3

早咲きの桜かと思えば、つつじもありました。これってつつじですよね??!

DSCN9838つつじ

そうかと思うと、これは??「ミツマタ」と言う和紙を作るときの原料ですよね??!

DSCN9842ミツマタ

桜がまだきれいに咲いていました。

DSCN9845桜4

DSCN9847桜5

DSCN9849桜6

さ~あ!哲学の道はもう終わりになりました。道標を写しましたよ。

DSCN9852哲学の道道標


哲学の道を動画に撮ってきましたので、ご覧下さいね。
バックに流れているのは、二胡の演奏で「古都」と言う
曲です。二胡奏者の「チェン ミン」さんが弾いています。




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
ブログ村に登録していますので、
ポチッとお願いします。
2010.03.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/385-b9c974f0