先々週の日曜日に、二度目の京町家の調査に行って来ました。
今回は上京区方面でした。京都 阿弥陀寺の天井絵で書いていた
「阿弥陀寺」の周辺でした。

最初何だか見た事がある所だなと思いながら、歩いていたらなんと!
阿弥陀寺だったんですよ。やっと地理が頭の中に浮びました。

京町家と言うのはこちらにある 京町家 をご覧頂けると判ると思います。
その町家を外観、壁の種類、平屋建てか2階建てか、メンテナンスはどうか、
などいろいろな角度から調査して、廃屋になっていていればそれらを報告し、
潰れそうだと感じたら、市の方へ報告し対処してもらうなどをしています。

その町家に人がまだお住まいの場合がかなりあるので、外から見ながら
調査票に書き込んでいきます。建物のプロの方と、立命館の学生さんや
建物に関係の或るボランティアの人と一緒に、私たち一般のボランティア
の人とが一組になって、調査をしています。

歩きながらでも、あらっ!良い町家だわと思うようなお家もあります。
そんな時は調査票を持ちながらも、写真を写しておきます。
ずっと!歩き通しですが、歩くのは苦になりませんから、いくらでも
歩けますね。

15日で2回目でしたが、今度は29日に出かけます。今度はどんな町家が
見られるのか?楽しみです。今回見つけた私の好きな町家を紹介しましょう。

京町家1

2

3

4

こちらは町家ではありませんが、家の横の細い路地は京都
独特の路地です。この奥にも住まいがあってこのような細長い
ものを「うなぎの寝床」と言います。

5



font color="brown">”もしよろしかったら、この下の
  拍手マークにポチッとクリック
  してみて下さいね"




2009.11.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/279-eafd74c4