先日、活動報で動画を出しましたが、その時の挿入曲
「島唄」を皆さんとても気に入って頂きまして、嬉しいです。

その時、いつか機会があれば詳しく内容をご紹介しましょうと
書きましたが、今回ご紹介します。


※※※※※※※※※※※※※※※※

”島唄”は、「THE BOOM」と言うグループの人たちが作った歌のようです。
歌はいろんな方たちが歌っていますが、この歌が生まれた経緯を少し書い
ておきます。

【このグループ「BOOM」は山梨県出身のバンドで、ジャケット撮影の為に
 訪れた沖縄にて、出会った沖縄戦の生き残りであるお婆さんから聞いた
 話に衝撃を受けて、その想いをお婆さんに聞いてもらうべく、この曲を
 作ったそうです。】


歌詞の内容は殆ど知りませんでしたが、今回調べて初めて知りました。
とても切なくなりました。悲しいです。

歌詞を紹介します。

★ ★ ★ ★ ★

「島唄」/ THE BOOM 作詞:宮沢和史 (歌詞の意味)

 歌 詞               ( )内は歌詞の意味

 でいごの花が咲き  (1945年4月1日 春が訪れ)
 風を呼び 嵐が来た (沖縄本島に米軍が上陸した)
 でいごが咲き乱れ  (4月から6月)
 風を呼び 嵐が来  (米軍の侵攻が続いた)
 繰り返す 哀しみ  (米軍の残酷な殺戮は)
 島わたる 波のよう (寄せては引く波の様に繰り返された)
 
 ウージの森で     (サトウキビ畑で)
 あなたと出会い    (出会った、あなた)
 ウージの下で    (ガマ=鍾乳穴=防空壕の中で)
 千代にさよなら    (永遠のお別れをした)
 
 島唄よ 風にのり  (島唄よ 海の向こうの本土まで届けておくれ)
 鳥と共に 海を渡れ (亡くなった人々の魂を、沖縄の悲しみを)
 島唄よ 風にのり届けておくれ
           (島唄よ 海の向こうのニライカナイまで届けておくれ)
 わたしぬ涙     (亡くなった人々の魂を、私の思いを)
 
 でいごの花も散り  (1945年夏 たくさんの尊い命が散った)
 さざ波がゆれるだけ (今はあの悪夢が嘘のように静かだ)
 ささやかな幸せは  (幸せな日々の生活は)
 うたかたぬ波の花  (はかなく消え去った)
 
 ウージの森で    (サトウキビ畑で)
 歌った友よ      (一緒に歌い遊んだ、あなた)
 ウージの下で    (防空壕で自決する前に)
 八千代に別れ    (泣きながら故郷を歌った)
 
 島唄よ 風に乗り  (島唄よ 風に乗って)
 鳥とともに 海を渡れ(魂と共に 海を越えて)
 島唄よ 風に乗り  (あの人の居るニライカナイへ)
 届けておくれ    (私の愛を届けておくれ)
 私の愛を
 
 海よ
 宇宙よ
 神よ
 命よ
 このまま永遠に夕凪を(今、あなたを思い、永遠の平和を祈る)


★ ★ ★ ★ ★


”もしよろしかったら、この下の
  拍手マークにポチッとクリック
  してみて下さいね"





2009.06.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/169-a986b483