先日、「正倉院展」のチケットを頂いたので、
10月最終日に行って来ました。
私がなかなか日程が取れず、チケットの期
日最終日前に行って来ました。

かなり!混んでいるのかと思っていました
が、行った日が平日であったから、並ぶの
も15分ほどで会場に入る事が出来ました。

中に入ると想像していたよりも大勢の人で
ごった返していました。
私こう言う大勢と言うのが苦手なので、人を
見ただけで、とっても!疲れてしまうんですよ。

ゆっくり見たかったのですが、かなり?!
端折って見てしまいましたね。

「白瑠璃瓶(はくるりへい)」
これは綺麗でしたよ。ガラスで作られた瓶で、
透明で少し淡い緑色をしていました。

ビン

「衲御礼履(のうのごらいり)」
爪先が反りあがり、先端が二つに分かれた
靴で、聖武天皇752年、東大寺の大仏完成を
祝う儀式で履いたものとみられているようです。

靴

「紫檀木画挾軾(したんもくがのきょうしょく)」
聖武天皇が愛用した豪華な肘つきだそうです。
時代劇でよく見るのは、体の横に置いて片方
の肘をついているが、当時は体の正面におい
て両肘をついて使っていたようです。

ひじ付き

これら3点はしっかりと見ましたね。
あとはもう??疲れただけでした。

会場である「奈良国立博物館」へ行くまでには、
奈良の五重塔なども久し振りで見ました。
やっぱりすごかったですよ。大きかったですね。

DSCN6518.jpg

帰りに、夫さんの友達が開いている喫茶店に
行き、コーヒーとクッキーを頂き、ほっとしてから
帰ってきました。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。

2014.11.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/1358-8935a499