昨日、やっと終わりました。
今年の仕事の行事が。
11月に続いて、今月もでした。11月の時は、
「認知症はこわくない」と題しての講演会で、
参加者は一般の方が多かったけれど、今回は
介護職の方や、介護をされている方、そして
介護に興味のある方などを対象にしたセミナー
でした。

【第3回 高齢者支援セミナー 「バリデーション
へのお誘い」】と題してのセミナーでした。

バリデーションとは??!

一言で言えば、『認知症の人とのコミュニケー
ション術』です。バリデーションの創始者は、
「ナオミ・フェイル(米国・SW)」という方で、世界
的に認められた方だそうです。
「日本バリデーション協会」の日本での講師で
もある「都村尚子」さんが来てくださいました。

午前10時~午後4時までの長丁場で、もちろん!
昼食時間をはさんで午後からもでした。

第一部は10時~12時  「認知症高齢者の
感情レベルに訴えるコミュニケーション技法と
は」の講義で、

第二部は13時~16時  「バリデーション技
法ーコミュニケーションのとり方ー実習」で実
際に目を合わさないで話を聞くと、どんな感情
が起きるか?

眼を合わせて話を聞くと、聞いてもらった人の気
持ちは?とか、話を聞きながら手をさすったり、
肩をなでて話を聞くとどんな気持ちになるか?等
を実体験をしながらが中心でした。

あっという間の1日でした。会場に来て頂いた方
は、やはり介護に携わっている方、ケアーマネー
ジャー、現在認知症の高齢者を抱えていらっしゃ
る方などでした。

私たちも傾聴と言う仕事をしていく上で、この認知
症の方と言うのは、外すことは出来ません。
今、特別養護老人ホームへボランティアとして、傾
聴に行っていますが、やはり認知症の方が結構い
らっしゃいます。

これからは、この認知症という病気になる方がもっ
ともっと!!増えると言われています。予備軍がい
っぱいいらっしゃるとか?

この病気を治すことは出来ないようですが、進行を
遅らせると言うことは、可能だとか。
私たちがそのお手伝いを少しでもと思い、今頑張っ
ています。

もちろん!認知症だけではなくて、一般の方のお話
を聴かせて頂くというのも傾聴の仕事です。

最近は少しずつ、出張講座も増えつつ?あり、年明
けにも1件あります。今年の10月にも出張講座が
あって、私もアシスタント講師として、出向いて来
ました。

こうして、少しずつ私も講師としての準備をしてい
ってます。
傾聴を仕事としてやっていくのは大変ですが、だか
らこそ遣り甲斐もあるのかな?と思っています。

今は傾聴の所で、教育チームのサブ講師としてやっ
ていますが、来年からはどうなることやら??!
何はさておき、今年の行事が終わったことは、やれ
やれの心境ですね。

DSCN5850posuta-.jpg


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2013.12.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/1267-11082357