今回はどうしたことか?少しだけ?更新が
続いていますね。近頃にしては珍しいですね。

今回はタイトルにもありますが、とっても!!
素敵なところへ行ってきましたよ。
久しぶりで心が洗われました。

友達から入場券を頂いていたこともあり、やっ
と!行くことができました。

こちら堀江オルゴール博物館です。

DSCN5715看板

DSCN5711入り口

西宮市苦楽園にあります。苦楽園といえば西宮
の高級住宅地になりますね。周りの景色もとっ
ても!素敵でしたよ。道が坂道になっていて、
来た道を振り向くと、西宮市が一望できます。
街全体が絵になりましたね。

DSCN5719街一望

【時を超えて奏でるオルゴ-ルの妙なる調べ・・
 その精巧な意匠は旋律のアンテーィクと呼ぶ
 にふさわしく、王侯貴族のサロンの雰囲気を
 華麗なばかりに伝えます。
    およそ100年前
 蓄音機にその座を奪われるまで優美な音響
 再生装置として技術の粋を誇ったオルゴール。
 それだけに愛着もひとしおな逸品を一堂に
 蒐めました。
   「建築が凍れる音楽だ」
   と言われる言葉そのままに
 堀江オルゴール博物館は誕生しました。】

(財団法人 堀江オルゴール博物館パンフレットより抜粋)

中に入るとそれはそれは!目を見張るばかり
でした。庭園も11月7日~24日までは特別公
開をしていて、紅葉が綺麗に色づいていて、た
め息が出るばかりでした。

(7枚ほど写真を入れてあります。)

オルゴール館庭園

それに!!この期間中は嬉しいことに庭園で、
オランダの伝統菓子ストロープワッフルの振る
舞いがありました。そしてもちろん!!お茶も
「コーヒー・紅茶・緑茶」お好きな飲み物でと言
う事でしょうか。お湯とともにテーバックなどが
置かれていました。紙コップの中には暖かい紅
茶が入っていて、こうしておくとワッフルが温
かくなり美味しく頂けました。係りの方が教え
てくれました。

DSCN5754ワッフル

庭園がとっても広くてゆっくり歩くと、時間がか
かってしまいそうでした。オルゴール館の方も
素敵で、手回しの大きなオルゴールが玄関に
置かれいて、実際に自分の手で回すこともで
きます。私も回しましたが、重くて大変でした。
次に出くる動画が写真の前になります。

DSCN5753手回しオルゴール惠子

手回しオルゴールです。後ろで人がオルゴールを
回しています。(音量にはお気を付けてください)




庭園とオルゴール館の入口だけですが、写真に撮
りました。一気のご覧頂きましょう。

DSCN5743手回しオルゴール

庭園のテーブル席などです。

DSCN5742テーブル席1

DSCN5722テーブル席2

庭園から見た、オルゴ-ル館ですよ。

DSCN5723テーブル席3

DSCN5724テーブル席4

DSCN5725テーブル席5

庭園の中にこのような和室もありました。

DSCN5764和室も

帰りはこちらから出ました。素敵な出口でしたよ。

DSCN5777出口



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2013.11.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/1257-3d99580f