今日は少し、ほんの!!少しだけいつも
よりも暑さは凌げました。昨日の台風18
号のせいかしら??

だけど!台風はすごい被害をもたらしてく
れましたよね。被害に遭われたところの皆
様、お見舞い申し上げます。

わが街はあまり被害はありませんでしたが、
近くのところでも、河川が氾濫していて大変
だったところもあるようです。

福知山市の方でも、由良川が氾濫したり、
京都市の桂川が氾濫して、周りのお店などが、
床下・床上浸水で甚大な被害があって、テレビ
を見ていても、いつも私が行っているあの嵐山
とは、変わってしまっていました。

一日も早い復旧をお祈りいたします。
福知山市の方も大変でしょうが、どうかめげな
いでくださいね。

さて!今日は先日レッスンしてきた、二胡の話
でもしましょうか?先日はレッスンをした!!と
いう感じでした。

私は曲を弾くとき、ポジション移動をする事があ
ると、知らない間に弦を伝って移動する時がある
ようです。もちろん!!そのように移動する曲も
ありますが、それをしないように、しなければい
けない時もあります。

我が老師はそれをはっきりと伝えてくれます。
先日もやはり!弦を伝って移動したらしくて、
「音程ってわかりますか?」と聞かれ、私が
キョトンとしていると、「音程は、音の距離を
はっきりと分からなければいけません」と言う
様な事を言われました。

音の距離??とは、音の高さ、低さなんですよ。
言われてみれば、そうでしょうね。
急に言われたので、ドギマギしました。

「ド」を弾いて、次の音が例えば「ソ」だと、間
には、「レ・ミ・ファ・」と言う3つの音が入って
いるから、音が高くなっているので、それを感じな
ければいけないということだそうです。

今まではそんなこと思った事も無くて、ただ「ド」
と「ソ」と言うだけでした。だけど、考えてみると
そうなんですよね。音は完全に違うんですからね。

今までそんなことを言ってくださった先生は、いま
せんでした。曲を弾くときに、感情を込めてと言う
のは、こういう事なんだとわかりました。

これからは、楽譜を見る目も変わってくるんだろう
な?と、我ながら不思議な感じでした。
そう言いながらも、レッスンから帰って、まだ一度も
二胡を出してもいません。

12月の事もあるし、11月の交流会の事もあるの
で、ボツボツ練習をしなければいけませんね。
涼しくなってきたから、練習を始めましょうかね~

DSCN1561二胡挿入用


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2013.09.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/1219-b6f9ed6a