昨日はお嫁ちゃんととも君と3人で
大阪交通科学博物館へ行って来ました。
実はお嫁ちゃんと、とも君は先週に親子
3人で行ったらしんですよね。

で!!とっても楽しかったらしくて、お嫁
ちゃんが私に行こうと誘ってくれました。
そして、昨日(20日)行ってきました。

会場に着いて、とも君をベビーカーから
降ろすと、どうでしょう?!!!一目散に
歩き出しと言うよりも、半分は走っている
ようでした。

両手を高々とあげ、自分の行きたい所
へと!!  行きたい所をよく分かって
いるんですよ。

ここで、昼食を済ますと、ともくんは寝て
しまい、私たちは手持ち無沙汰で、お嫁
ちゃんと、いろんな話をペチャクチャと
お喋りをしていたら、起きてきたので、
少し遊ばせてから、出ました。

その後別の場所へ行き、遊ばせてから、
(この遊びのことは後日書きますね)
時間になってきたので、帰ることになり
ました。

JR環状線から大阪駅まで出て、そこから
神戸線に乗り換えです。息子の家が各駅
停車しか止まらない駅なので、そのように
乗り、電車が動き出しました。

「塚本駅」が過ぎ、「尼崎駅」も過ぎ、次は
「立花駅」と言うとき、駅のすぐそばの踏
切の真ん中で止まってしまいました。

あれっ!どうしたのかな?「信号待ちなの
かしら?」と言っていました。
でも変だわと言いながらしばらく待ってい
たら、アナウンスが流れてきて、「この電車
が人身事故を起こしてしまいましたので、
しばらくお待ちください」でした。

えっ~?!でした。それからが大変!!!
電車の下に被害者の方がいらっしゃるので、
エンジンを切らせて頂きますと言うではな
いか?暫くすると、車両がだんだん暑くな
ってきて、もう暑くて大変でした!!

ともくんはとっても!暑がりなので、私たち
はとも君が心配でしたが、案外?機嫌よく
歌を歌っていたり、下に降ろすと歩き出した
りと、結構楽しんでいました。

でも、大人の方で熱中症になりかけた方も
いました。救急隊員の方が各車両に回って
きて、様子を聞いていました。
気分を悪くされて方も、手厚く介抱されて
いました。

私も扇子を広げて、その方に風を回して
差し上げていました。とても感謝されまし
たね。

その間にも、外では救急車が来たり、パト
カーが来たり、JRの関係者が来たりと
慌ただしくなっていました。

やじうまも黒山の人だかりでした。
私たちが乗っている車両のすぐ隣の車両
だったように思いましたね。

やっと!被害者の方を車両から引き離し、
あとは現場検証をしたりと慌ただしかっ
た様ですが、なんとか収拾がつき、クーラ
ーが入ってきたのは、事故から1時間程
経ってからでした。

気分を悪くされた方も、一安心だった事
は顔を見ていたらすぐにわかりました。
とも君もギリギリのところで、なんとか
持ち堪えましたね。

電車が止まってから、1時間少々過ぎて
いました。電車が動きますとアナウンス
されてから、ガタンゴトン位の距離でした。

私、このような経験は長く?生きていました
が、初めてのことでした。
今朝、新聞を見ると、被害者の方は亡くなっ
たそうです。ご冥福をお祈り申し上げます。

息子の家に帰ると、午後6時を回っていまし
たね。1時間少々予定よりも遅くなりましたが、
とも君、ご機嫌さんだったので、助かりました。

昨日は何だか長い一日だったように思いました。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2013.07.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/1187-58c05277