月1回の着物着付け教室が、今月は京都へ行って着物のことを

勉強しましょうと言う事で、18人が着物を着て出かけました。

着物姿の人が11人で、洋服姿の人が7人でした。

朝10時15分発のJRに乗って、一路京都へ出かけました。

私は別の阪急電車で、現地集合で行きました。

現地で午前11時30分、まず「紫織庵」へ入りました。


DSCN4281紫織庵入り口1


DSCN4283紫織庵入り口2


門をくぐり玄関に入ると、こんな景色でしたよ。

DSCN4295庵入り口


お庭もとっても!素敵で、縁側のガラスなどは絶対!に必見でした。


DSCN4288庵の中の庭


”江戸後期、寛政・享和の時代、典薬まで傷心した名医・萩野元凱

がこの地で初めて医院を開業し、明治時代までその子孫の医院と門弟

の教育所として使用されて来ました。大正15年、室町随一の豪商・

四代目井上利助氏が元凱時代そのままに、最新のライト様式のモダンな

洋間を加えて新築し、昭和40年より平成9年迄、川崎家の本宅兼迎賓館

として引き続き使用されていました。”



まだまだ但し書きはありますが、これくらいにして、とにかく立派な建物で、

その中に昔の懐かしい長襦袢などが所狭しと陳列されていました。

着物の好きな人には必見のところです。


DSCN4289展示品1


DSCN4290展示品2


現代風の模様もありましたね。


DSCN4291展示品3


生徒さんが見ているところです。


DSCN4293見学中



今なら「伝統産業の日」と言う事で、3月9日(土)~3月20日(水・祝)

まで着物を着ていくと、各施設入場・市バス・市営地下鉄は無料となるよう

ですよ。ただし!着物パスポート・着物無料乗車券なるものを持参していない

といけないようです。


私たちは残念ながら、その特典は使えませんでしたが、それ以外の着物パス

ポートが使えたので、そちらを使い食事など特典はありました。

ここで大幅に時間をとってしまい、昼食は1時間遅れで頂き、その後また見学です。



次に行ったところは、「京都絞り工芸館」です。

絞りにもいろんな手法があって、ビデオなどを見て、絞り染めで作成した京の

四季を表した染物が壁いっぱいに飾ってあり圧巻でした。

それを見るだけでも値打ちものでした。こちらでの写真はうっかりしていて

撮り忘れました。


その後、二条城の梅を見に行く予定でしたが、時間がなくなってしまい、

ここでみんなは帰ることになりましたが、私はその後夫さんと待ち合わせて

「春の花灯路」へと出かけました。

この続きの「花灯路」はまた次回という事で、今日の報告はこれまでとしますね。





にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも有り難うございます。
お帰りにポチッとして頂けたら
嬉しいです。
2013.03.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/1107-8aabd30c