昨日、読売名画鑑賞会があり見に行って来ました。
「風と共に去りぬ」でした。
これはもう誰でも知っている映画であり、物語です。

読売新聞が「もう一度、大スクリーンで見たい名作映画を
洋邦問わず上映し、かつて撮影所を有した阪神間の映画文化
復権を目指す催し物」と言うことです。

抽選で600組(ペアー2人一組)の人(1200名)が招待されました。
その内に私たちも入っていました。

この映画はその昔、大劇場で、大スクリーンで見たことがあります。
テレビでも一度見ましたが、やはり!スクリーンで見るのが一番!!

3時間10分と言う長丁場でしたが、やはり!!疲れた~~
でも楽しかったな~~ 

南北戦争時代のジョージア州を舞台に気性の激しい南部の女
スカーレット・オハラがたどる波乱万丈の半生を、描いた作品です。
原作は、マーガレット・ミッチェル。

この映画は製作されて丁度70周年になるそうですが、画面は
色あせもせず、綺麗なものでした。いろいろと手を尽くして綺麗さを
保っているんでしょうね。

楽しい時間でした。

風と共に去りぬ


”もしよろしかったら、この下の
  拍手マークにポチッとクリック
 してみて下さいね」

2009.03.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ikkodenikkori.blog75.fc2.com/tb.php/104-5ca4074a